第二回

※決勝戦の結果を公開いたしました。

ABOUT
NIKKEI全国社歌コンテストとは
会社の魂を込めた歌、社歌。
そんな社歌を、それぞれの会社らしさが出るよう、
好きなように歌い、好きなように撮影した動画を募集します。
御社の魅力が詰まった社歌を心よりお待ちしております。

RESULT

結果発表

最優秀賞

株式会社クレディセゾン
"わたしセゾン"

各賞

2位

株式会社日本栄養給食協会
"ハピネスを届けよう"

3位 - 水谷靖賞

えびす屋(法人名:株式会社ベリー・プロジェクト)
"えびす屋ソング 2020!!"

3位 - 緑川賢司賞

山田水産株式会社
"鰻師の蒲焼(うなぎしのかばやき)"

5位 - 弓狩匡純賞

セイコーホールディングス株式会社
"時代とハートを動かすセイコー"

5位

岩瀬コスファ株式会社
"COSFA~太陽のように"

7位

ジット株式会社
"We are the jit"

8位 - 川嶋あい賞

株式会社レベスト
"DAIKAZOKU~想いは共に~"

9位 - 主催者特別賞

株式会社立飛ホールディングス
"立飛グループ社歌「大地に花咲かせ」 ~笑顔あふれる、TACHIHI~"

10位

富国生命保険相互会社
"【フコク生命 社歌】100周年にちなんで100名で歌ってみた!"

入選

心に残る音楽部門 GMOインターネットグループ / 株式会社タカマル鮮魚店 / 久光製薬株式会社

チームワーク部門 コンビ株式会社 / 綜合警備保障株式会社(ALSOK) / ぽかぽか保育園

想いが伝わる部門 入間市役所 / 株式会社エイブル

情熱部門 明治安田生命保険相互会社

ユーモア部門 三陽工業株式会社

心に残る音楽賞

GMOインターネットグループ / 株式会社タカマル鮮魚店 /
久光製薬株式会社

チームワーク賞

コンビ株式会社 / 綜合警備保障株式会社(ALSOK) /
ぽかぽか保育園

想いが伝わる賞

入間市役所 / 株式会社エイブル

情熱賞

明治安田生命保険相互会社

ユーモア賞

三陽工業株式会社

決勝戦・表彰式の様子はこちら

https://channel.nikkei.co.jp/e/shaka2020

応募動画一覧

IE(インターネットエクスプローラー)で表示されない場合がございます。
ブラウザについてはGoogle ChromeもしくはSafariでの閲覧・投票を推奨しています。

一致する検索結果がありませんでした。
  • {{ movie.company_name }} “{{ movie.title }}”
REVIEW
審査について
審査員
川嶋 あい さん

シンガーソングライターの草分け的存在である川嶋あい。
2003年にI WiSHのaiとして人気番組の主題歌「明日への扉」でデビュー。
2006年からは本格的にソロ活動をスタート。代表曲の「旅立ちの日に・・・」は卒業ソングの定番曲として大人気を誇る1曲となっており、卒業式シーズンには、サプライズライブも実施している。
2020年でデビュー17年目に突入し、6月に9枚目のアルバム「針の穴」をリリース。

審査員
水谷 靖 さん
【プロフィール】
株式会社エクシング 代表取締役社長
1989年、ブラザー工業入社後
通信カラオケJOYSOUNDをサービス開始時より担当。
2001年、JOYSOUNDを展開するエクシングに入社後、
商品企画、制作、編成、新規事業の関連業務を担当し、
2019年4月、代表取締役社長に就任。

カラオケの十八番は、堺正章「さらば恋人」、
BON JOVI「LIVIN' ON A PRAYER」、サザンオールスターズ「みんなのうた」など
緑川 賢司 さん
【プロフィール】
株式会社ミナロ 代表取締役
NPO全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問
2002年8月、株式会社ミナロを起業。「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
弓狩 匡純 さん
【プロフィール】
作家・ジャーナリスト。1959年生まれ。米テンプル大学教養学部卒業。
世界50カ国以上の国々を訪れ、国際情勢、経済、文化からスポーツに至る幅広い分野で取材・執筆活動を続ける。 国内唯一の社歌エキスパートとして知られ、2006年に刊行された『社歌』(文藝春秋)によって、初めてこの日本固有の企業文化に光を当て注目を集める。また監修を務めたCD『社歌』、『鉄歌』(キングレコード)は現在もロングセラーを記録している。
主著に第15回 開高健ノンフィクション賞にノミネートされた長編ノンフィクション『平和の栖(すみか) 広島から続く道の先に』(集英社クリエイティブ)や第66回 青少年読書感想文全国コンクールの課題図書〈中学生の部〉に選出され、日本子どもの本研究会の第4回「作品賞」を受賞した『平和のバトン 広島の高校生たちが描いた8月6日の記憶』(くもん出版)、世界84ヶ国の国歌を集めた『国のうた』(KADOKAWA)、偉人たちの名言を綴った『The Words 世界123賢人が英語で贈るメッセージ』(朝日新聞出版)などがある。
審査員
平田 喜裕
日本経済新聞社 専務取締役 メディアビジネス統括

1982年日本経済新聞社入社後、ニューヨーク駐在などを経て、2015年常務執行役員東京本社編集局長補佐。16年常務取締役デジタル事業担当となり、19年より現職。